2011年02月03日

【ちょこっと豆知識】おだしの話


《かねこや通信2011》「食は生きる基」をモットーに 2月第1号
…………………━━━★   おだしの話   ★━━━…………………

こんにちは〜♪「自然食品・有機米 かねこや」スタッフyumiです!
2011年も始まり早1ヶ月!どのようなスタートをきられましたでしょうか?
かねこやは、今年も食べて元気、動いて元気、笑って元気をモットーに頑張ります。
どうぞよろしくお願い致します!!

さてさて、2011年初のちょこっと豆知識は、お料理の基本!おだしの話です♪

==================================
自然食品・有機米の店 かねこや 〜ちょこっと豆知識〜 2011年2月4日版
==================================
http://www.e-kanekoya.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   和食を支える基本は
◆--------------------------------------------------------------◆ 
   やはりおいしい「おだし」ですよね!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本人の食事の基本はやはり和食ですよね。
今は海外との交流が盛んなので、色々な国のお料理がいつでもどこでも食べられ
る豊かな時代ですが、人間の食生活と人間の体は深く結びついている!という
ことを考えると、日本人はこの土地で昔から食べてきた食事をするのが何よりの
健康法だといえますよね^^

そんな和食を支える基本はやはりおいしいおだしではないでしょうか!?今日は
そんなおだしのお話です♪

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★「昆布濃縮だし」 日高昆布100%、じっくりと煮出して作られた昆布エキス
┃ 
http://shop3.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17337&item=4932828023793
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
    100年前に解明されたおいしさ ”うま味” がポイント  
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
味覚はかつて甘み、酸味、塩味、苦味の4つでしたが、100年前に日本で新たに
”うま味”というものが発見されました!甘い、しょっぱいなどでは言い表せない
昆布の味わいの正体がグルタミン酸であることがつきとめられたんです。

その後、かつお節や煮干の「イノシン酸」や干し椎茸の「グアニル酸」が同様にうま
味成分として発見されました。また、このグルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸を
合わせると、そのうま味アップの効果が足し算ではなく、掛け算のようにあらわれ、
飛躍的においしくなることも解明されているそうですよ!

だからかつお+昆布や、昆布+椎茸というように、組み合わせておだしをとると
おいしいんですよねぇ♪

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★「タイコウ ダシパック「だしはこれ」 手軽!簡単!おいしい!
┃ 鰯、鰹、鯖、昆布、椎茸を程よく良くブレンド

http://shop3.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17337&item=4991740000190
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
   一番よく使われているおだし、かつお節!   
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
今日は家庭で一番よく使われているかつおだしに注目してみましょう♪

かつお節の旨みの主役は「イノシン酸」。でも、この成分は生きているかつおには
ありません。かつおが死ぬことでイノシン酸が生成され、かつお節を作る際の工程
でその旨み成分がギュッと閉じ込められるんです♪

かつお節は空気に触れると数十分で酸化してしまうので、一番おいしいのは姿売
りのかつお節を直前に削ったもの!と言えます。でも、これは手間だなぁ、という方
はすでに削ってある削り節が便利ですよね^^。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★「タイコウ 花くらべ」 最高峰のかつお節、仕上節を削りました 
┃ 
http://shop3.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17337&item=4991740000015

┃おいしさが違う!稀少な一本釣りのかつおを使ったかつお節(仕上節)
┃「カビ付け」による熟成された独特の香り、旨味があります。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


削り節を使う場合は製造から日が経っていないものを選び、開封したら出来るだけ
早く使いきるのが大切です!開封後は袋の中の空気を抜いて冷凍保存するのが
おすすめです。

本当に良質なかつお節は少ない量でしっかりだしが出るので、実はそれほど
高価ではないし、濁りや渋み、酸味などがなく、もう圧倒的においしのですよ♪


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
   「かつお」と「昆布」で美味しいおだしをとろう!   
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

最後においしい鰹節と昆布のおダシのとり方を♪

※この方法は、熟練の技によって作られた【タイコウ】かつお節を使ったダシの取り
 方です。

<< 用意するもの >>
使用量の目安は、1リットル に対して昆布:10g
削り立てのかつお節:7〜10g。または、袋入りの削りぶし:15〜20g

※袋入りの削りぶしには「花くらべ」(二番ダシまで取れます) または
「花かつお だしはこれ」 がオススメ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★タイコウ 花かつお「だしはこれ」 鹿児島県枕崎産の荒節を使用♪ 
┃ 
http://shop3.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17337&item=4991740100418
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.5カップの水(1リットル)が入る鍋を用意します。
  (18cmの鍋で2リットルまで取れます)
  そして、
  まず、昆布を1Lの水に入れておきましょう。
  前日から水出しするのが理想的です。最低でも2時間前から♪

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★「尾札部昆布 一等級」 真こんぶは、おだしとりに最適です♪
┃ 
http://shop3.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17337&item=2510287999990
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2.いよいよダシを取ります。
  1リットルのダシが入るボウルを用意し、水洗いをしたザルを上に乗せ、
  その上にペーパータオルを置きましょう。(もちろん布巾でもOK!)

3.1の昆布を浸しておいた鍋を火にかけます。一晩浸していた場合は、強火で
  一気に沸騰させても構いません。数時間前に昆布を入れた場合は、中火で
  ゆっくりと沸騰させましょう。
 
4.沸騰手前になると、昆布がゆらりと鍋底から上がってくるので、煮立てな
  いようにすばやく取り出します。

5.昆布を引き上げたら、強火にして一気に沸騰させます。
 
6.沸騰した火を止めてすぐに削り節を入れます。
  (または、かつお節を入れたら火を止めます)

6.ダシをこします。キッチンペーパー(布巾)の上にあけて、ギュッと絞ってOK!
  (チャント作られたかつお節にはエグミ、生臭みはありません)
 
これでおいしい一番だしの出来上がり♪


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  かねこやと かつお節問屋のタイコウさん♪   
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 かねこやがオススメしているオリーブオイル「オルチョサンニータ」の
輸入元アサクラさんに教えていただき、東京のかつお節問屋タイコウさん
とのお付き合いが始まりました。
 
 昨年9月にタイコウさんに講師をお願いした、第1回目の出汁(ダシ)とり教室は
大盛況!本枯節(ほんかれぶし)と昆布のダシや、だしはこれのダシ、一般的な
かつお節のダシなど、4種類を飲み比べましたが、味の違いにビックリ!!
ちゃんととった出汁と旬の食材があれば、おいしい料理が作れます。

 以前から、花かつおや煮干しのダシをとっていたわが家ではグレードアップした
ダシで食事を楽しんでいます。2日分ずつダシをとってストックするので、とても簡単
なんですよ。ダシをこすのもフキンは使わず、味噌こしを利用しています。
 
 タイコウさんは、巻き網で一度に大量にとる鰹ではなく、1本釣りでとった鰹を節に
加工した「かつお節」を売りたいとこだわってみえます。
けれど、一本釣りの鰹の漁獲量は0.7%しかないそうです。現在、花くらべ、かつお厚削り、
節のかつおは一本釣りですが、2月以降「だしはこれ」は巻き網の鰹のものに代わります。
一本釣りの鰹にいつもどせるのか、はっきりしないとのこと。
日本の漁業の現実はきびしいです。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★「タイコウ 本枯節 かつお厚削り」 そば・うどん店の厚削りを小袋にしました
┃ 
http://shop3.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17337&item=4991740000114

┃時間を掛けてダシをつめると、しっかりとしたダシがつくれます。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★「タイコウ 一本釣り本節(かつお節)」
┃ 
http://shop3.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17337&item=0201740000002

┃ 削りたてのおいしさをお楽しみください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(参考: 「暮らしの手帖」)


最後までおつきあいいただきありがとうございました♪
今回の「ちょこっと豆知識」いかがでしたでしょうか?次回もどうぞよろしく
お願いいたします。1ヵ月後にまたお会いしましょう。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■発行:自然食品・有機米の店 かねこや
   http://www.e-kanekoya.com
 かねこやモバイル(簡易ショップ)
   http://www.e-kanekoya.com/i/
■メルマガのバックナンバー
   http://kanekoya.seesaa.net/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
posted by かねこや at 14:24| ちょこっと豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

ちょこっと豆知識 〜お味噌の話〜

《かねこや通信2010》「食は生きる基」をモットーに 11月第1号
…………………━━★   お味噌の選び方   ★━━…………………

こんにちは〜♪「自然食品・有機米 かねこや」スタッフyumiです!
夜遅くなると少し寒さを感じ、上着を重ねてみたりするこの頃です。秋も深まり、
お料理の方も暖かいものが嬉しい季節ですね。さてさて、ちょこっと豆知識、
第5回はお味噌の話です♪

==================================
自然食品・有機米の店 かねこや 〜ちょこっと豆知識〜 2010年11月1日版
==================================
http://www.e-kanekoya.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   お味噌の選び方
◆--------------------------------------------------------------◆ 
   地域によっても様々。いろんなお味噌がありますよ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本人の食卓に欠かせないものの一つにお味噌汁がありますよね。皆さんも子どもの
頃からたくさん飲んでこられたでしょう?私が大阪から三重県に来たときに一番なじ
めなかったものの一つがお味噌汁でした。子どもの頃から飲んでいたのは色の淡い合
わせ味噌。でも、こちらでは赤味噌や赤味噌に近い合わせ味噌だったんです。おかげ
で色々なお味噌を試したり、お味噌を自分で作ってみたりもして、今では自分好みの
お味噌を探せるようになって来ました♪さてさて、色々なお味噌、何が違うんでしょうか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★「国内産 立科あわせみそ」 使いやすく、人気のお味噌です
┃ 
http://shop3.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17337&item=4932828060583
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

三重県でよく使われている「豆味噌」はなんと東海3県(愛知・岐阜・三重)のものと
知ってビックリ。全国的には、米味噌が多く、九州・四国の一部、山口などでは
麦味噌が昔からつくられて来たようです。

参考:全国の味噌検索「味噌健康づくり委員会」
  http://www.miso.or.jp/search/index.html



■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
    原材料や味、色によってお味噌の種類(名称)が違いますよ   
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
お味噌は原料、味、色によって次のように分類できます。

●原料による分類
 米味噌 − 大豆・米麹・塩 <一般的なお味噌。全国各地色々あります>
 麦味噌 − 大豆・麦麹・塩 <九州麦味噌など>
 豆味噌 − 大豆・塩     <八丁味噌など>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★「チョーコー 限定長崎麦味噌」 国内産の丸大豆・はだか麦(大麦)で作っています
┃ 
http://shop3.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17337&item=4974507511634
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●味による分類
 甘口、辛口などありますね。これは味噌の塩分量と麹の量によって決まります。
 塩分量が一定であれば、麹が多い方が甘くなります。

●色による分類
 出来あがりの色によって、赤みそ、淡色みそ、白みそに分けられます。
 色は、大豆など原料の種類や大豆を煮るか蒸すか、麹が多いか少ないか、発酵の途中で
 かき混ぜるかどうかなどの条件によって変わります。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★「有機赤だし味噌」 八丁味噌ベースの赤だし。東海の味♪ 
┃ 
http://shop3.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17337&item=4970216111882
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なるほどねぇ!整理して分類するとよく分かりますね。ぜひ、色々なお味噌を試して
自分好みのお味噌を探してみてくださいね♪


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
    天然醸造のお味噌がおいしい!   
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
そしてお味噌を選ぶ時に大事なこと!ぜひ天然醸造のお味噌を選んでください。自分
でお味噌を作ってみるとわかりますが、材料を混ぜるだけなんです。寒い冬に混ぜた
材料をゆっくりゆっくり寝かせ、夏の暑さを越させることで発酵が進み、おいしいお
味噌になっていくんです。お味噌の風味に貢献する酵母や乳酸菌などが盛んに繁殖し
てこそ、おいしいお味噌が出来るわけです。だからこそ、天然醸造のお味噌は独特の
深いうまみと香り、味をもち、天然の旨み成分も含んでいるんですね。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★「横綱みそ ミックス」 昔ながらの麹造りをしています♪ 
┃ 
http://shop3.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17337&item=2510195999990
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

天然醸造の他にあるのが即醸法です。温度が上がると酵素活性が盛んになることを利
用して、温度が低い時期も人工的に加温することにより、味噌の発酵を促します。こ
うすると短期間で味噌が出来上がるので、コストダウンにもつながるわけですね。で
もやはり風味は単純で、四季の変化を経た天然醸造には及びません。

それから、原料にも気をつけてみましょう。農薬不使用もしくは農薬をできるだけ
使っていない国内産の丸大豆、米、大麦、自然塩を使用したものがよいですね。おそ
らくお米の次くらいに高頻度で食卓にのぼるお味噌汁です。何より安心なものがいい
ですよね^^。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★マルクラ 白みそ 少量サイズなので手軽に使えます♪
┃ 
http://shop3.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17337&item=4978463180514
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コレステロールの除去、抑制やがん予防、抗酸化作用などもあると言われているお味
噌。毎日の食生活にたくさん取り入れて、元気に過ごしていきたいですよね♪



■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  かねこやでは♪   
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
昨年、スタッフで同じ無農薬の米と大豆を使って、同じ日に味噌を仕込みました。違った
のは、塩だけ。ところがところが、塩が違っただけでお味噌の味がうんと違ったのです。
これには仕込んだスタッフ全員がビックリでした。

来年は、1月か2月に味噌作り講習会をする予定です。味噌作りセットも販売予定。
初めての方もぜひチャレンジしてみてくださいね。ご期待ください♪

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★「乾燥麦こうじ」 手作り味噌に♪
┃ 
http://shop3.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17337&item=4932828006710
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
手作り味噌の材料は、3つだけ!「大豆」「麹」「塩」。シンプルですね^^




●〇●〇●〇●〇   ホームページのお知らせ   〇●〇●〇●〇●

前回お知らせ致しましたように、今までご利用いただいておりました携帯サイト
(モバイル・ショップ)は、10/31にて終了させていただきました。

11/1より、パソコンサイトよりも商品点数を限らせていただいた、簡易モバイル・
ショップとして仮オープンをさせていただいております。
   http://www.e-kanekoya.com/i/

送料や手数料の計算は仮計算で一旦承り、返信メールにて正式な金額等をご連絡する
方式となっております。大変ご不便をお掛けする方式ではございますが、どうぞよろ
しくお願いいたします。商品等に関し、ご要望等ございましたらお知らせください。
●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●



最後までおつきあいいただきありがとうございました♪
今回の「ちょこっと豆知識」いかがでしたでしょうか?次回もどうぞよろしく
お願いいたします。1ヵ月後にまたお会いしましょう。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■発行:自然食品・有機米の店 かねこや
   http://www.e-kanekoya.com
 かねこやモバイル(簡易ショップ)
   http://www.e-kanekoya.com/i/
■メルマガのバックナンバー
   http://kanekoya.seesaa.net/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
posted by かねこや at 12:44| ちょこっと豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

【ちょこっと豆知識】お塩のはなし♪

《かねこや通信2010》「食は生きる基」をモットーに 9月第1号
……………━━★ お塩の話。パッケージ表示に注目! ★━━……………

こんにちは〜♪「自然食品・有機米 かねこや」スタッフyumiです!
ようやく朝夕は少し涼しさを感じられるようになり、過ごしやすくなりまし
たね。ちょこっと豆知識、第4回はお塩の話です♪

==================================
自然食品・有機米の店 かねこや 〜ちょこっと豆知識〜 2010年9月13日版
==================================
http://www.e-kanekoya.com/
海の精あらしお
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   「お塩」の表示が変わっていますよ
◆--------------------------------------------------------------◆ 
   新しいパッケージ表示に注目してみましょう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、お塩を買う時はどんなところを見て買いますか?実はお塩のパッケー
ジの表示方法が4月に変わったんです。それまでは“天然”や“自然”、“ミ
ネラルが豊富”といった表示のものがあったんですが、こういう文言でお塩を
選んでみえた方も多かったかと思います。

お塩のパッケージに付けられた「塩の公正マーク」に気付かれた方もいらっしゃ
るでしょうね。このマークの付いているお塩は、新しい表記方法のお塩です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★「海の精 あらしお」 自然海塩、という表示はなくなっています
┃ 
http://shop3.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17337&item=4931915000518
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新しい表記方法では、材料にどんなものを使っているか(生産工程の初めは何
か)ということと、その塩の製法(どんな工程を経て作られているか)が、パッ
ケージの表示でわかるように統一されました。そして、「天然塩」「自然塩」
「自然海塩」といったあいまいな表示は使えなくなっています。

【※注意】
「塩の公正マーク」付きの新しい表記方法を取り入れていないお塩もあります。


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
    お塩のパッケージ表示のポイントは「原材料」と「製造方法」   
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
新しいお塩の表示方法は次のようになっていますよ。ポイントは「原材料」と
「製造方法」です。

まず原材料。
海水、海塩(海水を原料とした塩で、天日塩も含む)、岩塩、湖塩の4種類に
なります。(海水から天日のみで結晶まで作った塩が天日塩です)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★「粟国の塩(あぐにのしお)」 原材料は、海水(沖縄県・粟国島)
┃ 
http://shop3.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17337&item=4560108630104
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そして、もう一つのポイントが塩の製法。
まず塩を作る時は一般的に濃い塩水を作り、それを結晶化させます。そのあと
ニガリなどを加えて成分を整えたり、粒をそろえたりする工程が付け加えられ
るものもあります。16の用語が定められていてそれらで表示されます。
(食用塩公正取引協議会/工程用語解説 http://www.salt-fair.jp/term/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★「海の精 やきしお」 製法は、天日 → 平釜 → 高温焼成
┃ 
http://shop3.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17337&item=4931915000549
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

例えば、工程の表示のところに“天日、平釜”、とあると、天日で乾燥させて
塩水を濃縮し、平釜で煮詰めて結晶化させた、ということがわかります。他にも、
“イオン膜、立釜、混合”とあると、イオン膜で電気透析し、立釜で結晶化させ、
そのあとニガリなどを混合したとなります。


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
    製法にも注目!製法の違いによって微妙な味の違いがでますよ   
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
この製法の違いで他のミネラルの含有量や微妙な味が変わってくるんですね。
ですので、塩を選ぶ時はパッケージの表示で、どんな材料か、どんな作り方か
を見て、自分の好みに合ったものを知っていくのがポイントとなるわけです。

ちなみに、原料の海水などの原産地も表示されるので、国産のお塩がいいとか、
○○の岩塩がいいとか、そのあたりで好みの塩を探すことも出来ますし、日本
古来の塩の製法である天日、平釜がいい、という方はそこから探すことも出来
ますね。各種ミネラルの含有量も任意ですが示されているものはそこから選ぶ
ことも出来ます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★「浜御塩」 まろやかな旨みと甘みが特徴
┃ 
http://shop3.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17337&item=4512039000204
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「塩の公正マーク」付きのお塩、というのは、品質が保障されているとか、
そういったことではありません。表示方法が統一されたということです。
お塩を選ぶのは私達。後は、やはり実際に味わってみるしかありません^^


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  かねこやでは、豊富な種類のミネラルを含むお塩を販売しています♪   
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
地球上の生物は海から生まれ、海のミネラルは、人にも必要な大事なもの!と
考え、かねこや では、豊富な種類の自然のミネラルを含んでいるお塩を販売
していますよ。(何を隠そう、店長はかなりの塩マニアです。。)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★かねこやオススメ「岩戸の塩」
┃ 伊勢の神前海岸で汲み上げた海水を昔ながらの平釜で、蒔の火で煮詰め
┃ 作っています。海のミネラルをしっかり含んだ塩です
┃ 
http://shop3.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17337&item=2510186999992
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

注意しないといけないのは、他のミネラルを殆ど含まない99.9%の塩化ナトリ
ウムの塩も原料は「海水」と表示されていることです。
原料はもちろんですが、製法により注意して商品選びをしたいですね。

人間の体に必要不可欠であり、料理をおいしくするにも必要不可欠なお塩、
色々試して自分にあったものを選んでいけるといいですよね^^。

参考:食用塩公正取引協議会パンフレット
食用塩公正取引協議会 http://www.salt-fair.jp/


最後までおつきあいいただきありがとうございました♪
今回の「ちょこっと豆知識」いかがでしたでしょうか?次回もどうぞよろしく
お願いいたします。1ヵ月後にまたお会いしましょう。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■発行:自然食品・有機米の店 かねこや
 http://www.e-kanekoya.com
 かねこやモバイル
 http://www.e-kanekoya.com/i/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
ラベル: 選び オススメ
posted by かねこや at 14:15| ちょこっと豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする